フード系青汁アレンジとは?ドリンクに飽きたら試してみよう

健康維持のためには、毎日飲むことがおすすめされる青汁。でもいつも同じ飲み方だと飽きてしまいますよね。そんな時には一手間加えて青汁フードにアレンジしてみましょう。

栄養素に変化は?フード系アレンジの注意点!

アレンジを試みる前に気をつけるべきことがあります。それは、加熱による栄養素の変化です。一般的に青汁おすすめは水で割って飲むことが推奨されています。それは、お湯で割ることでビタミンB1、ビタミンC、カリウム、酵素などの栄養素が失われてしまう恐れがあるからです。

これらの栄養素を目的に青汁を飲むのであれば、熱を加えることは避けたほうが良いでしょう。しかし、いくつかの青汁商品の中にはお湯で割っても栄養素にほとんど変化はないとするものや、加熱後長時間放置しなければ損失はほとんどないとするものもあります。

作りやすい!青汁フードアレンジ

鉄板で簡単にできる青汁アレンジフードは「パンケーキ」です。子どもから大人まで食べることができ、いつも通りパンケーキを作る手順に粉末の青汁の加えるだけなので簡単。色もキレイな緑色になるのでまるで抹茶を混ぜたような感じになります。

他のものと混ぜるとカロリーが気になる場合は、「青汁寒天」にするのもおすすめ。寒天は低カロリーなので、ダイエット中に青汁ドリンクに飽きた時に最適。青汁を溶かして寒天と混ぜるだけなので手間もかかりません。

他の食材と相乗効果も期待できる

青汁には加熱しても失われにくい栄養素も豊富に含まれているので、牛乳、豆乳、きなこなど美容に効果の高い他の食材との組み合わせ次第では、相乗効果により、より高い健康効果や美容効果が期待できます。ドリンクに飽きたら一度チャレンジしてみましょう。

関連記事

    None Found