日焼け止めは使い方を守って肌を守る

美容イラスト
日差しが強くなってくると、多くの女性が紫外線を気にするようになってきます。
今は大丈夫だとしても、将来的にシミやシワが増えるのは嫌ですから、出来る対策は全てやっておきたい人も多いのではないでしょうか。
日焼けもしたくないという人は多いものの、日焼け止めの使い方をしっかりと理解していない人もいるようです。

最近の日焼け止めは効果も高いものが出てきていますが、それを薄く伸ばして塗っている人が多いのではないでしょうか。
ですが実際に効果を期待するためには、あまり薄く塗ってしまっては駄目なのです。
厚めに塗った方が効果がしっかりと出ますが、パッケージをしっかりと確認して、必要な量を守って塗るようにしましょう。

塗る量だけではなく、時間に関しても注意しなければなりません。
一度塗ってそのまましばらく過ごしてしまう人もいます。
ですが日焼け止めは塗ってから数時間で効果がなくなってしまうので、定期的に塗り直す必要があるのです。

最近は高い効果のある日焼け止めが販売されていますが、SPF値がその効果を示しています。
数値が多ければそれだけ高い効果が期待できるのですが、これは過ごし方によって使い分けても良いのです。

SPF値が高い商品に関しては、外出時や紫外線量が多いときに使うようにしましょう。
室内で過ごす日に関しては、SPF値がそれほど高く無くても大丈夫なので、使いやすいものを選べばいいのです。

日焼け止めには紫外線散乱剤を使っているものがあり、この成分が入っていると肌が乾燥しやすくなります。
乾燥による肌へのダメージもあるので、保湿には注意しながら使うようにしましょう。
日焼け止めだけを塗れば、それで大丈夫になるとは限らないのです。

こんなクリームの使い方、してませんか?

美容インスタ
“クリーム”はスキンケアには欠かせないものですよね。
このクリームは塗ることで「潤いにフタをする」という重要な役割を担っているのですが、間違った使い方をしているとせっかくのクリームの役割を台無しにしていることもあります。

もし次のような使い方をしている人がいるなら、さっそく改めることをおススメします。
まず、手が冷えているときです。
冷たい手で肌に触れると毛穴がキュッと縮まってしまい、成分がしっかりと浸透しません。
これはクリームだけでなく、スキンケア全般にいえることです。

事前にスチーマーやホットタオルで手を温めてから使用するように注意しましょう。
二番目に、美容液を塗ってからクリームを塗るまでの時間を空けてはいませんか。
美容液を塗ってから時間が空いてしまうと、肌が乾くのでクリームが浸透しにくくなります。
美容液を塗れば保湿は保たれるのではなく、肌をしっかり保湿するには美容液からクリームを塗るタイミングも重要なのです。

そして最後に、クリームを塗りながらのマッサージにも気を付けましょう。
クリームの量が少なかったり強い力でマッサージをすると、摩擦でシミやシワを作ってしまいます。
充分なクリームの量とやさしくなめらかなマッサージを心掛けるようにしましょう。

関連記事

    None Found