青汁をおすすめする4つの理由

体にいいといわれ健康をする方に人気の青汁ですが、なぜそんなに人気があるのでしょうか。

ここではその青汁をおすすめする理由を紹介したいと思います。

まず青汁は便秘解消に効果があります。

現代人はストレスや食生活の乱れから、生活のバランスがとれていないと言われています。

そのため排便のリズムも崩れている人が多くなってきているのですが、食物繊維をたくさん含む青汁を摂取すれば体内に溜まった老廃物を排出しやすくなります。

また最近は乳酸菌配合の青汁も販売されているので、そちらであれば食物繊維とのダブル効果で腸内フローラの改善も期待できると思います。

次に青汁をおすすめする理由として、むくみの解消にもつながるということです。

立ち仕事だけでなく、オフィスワークで座りっぱなしでも足はむくんでしまいます。

そのような時に明日葉成分の青汁を飲めばカルコンという成分の働きで、血液やリンパの流れが促され、むくみを解消してくれます。

またカルコンはお尻や足につきやすいセルライト脂肪を溶かす作用があるので、すっきり下半身を目指す方には特におすすめです。

次に青汁はアンチエイジングに興味がある方にもおすすめです。

青汁にはメラトニンという成分が含まれていて、これが体内では抗酸化物質として働き、老化を早めてしまう活性酸素の働きを抑えてくれるのです。

活性酸素は肌の老化の最大原因の一つで、シワやたるみといった肌トラブルを引き起こしてしまいます。

メラトニンはこの働きを阻害してくれるので、若返りの成分として今注目を浴びています。

次に青汁は口臭や体臭が気になる方にもおすすめです。

青汁にはクロロフィルが含まれているのですが、このクロロフィルは雑菌の繁殖を抑えてくれるので口臭が発生しにくくなります。

また前述のように便通をよくする効果もあるので、毒素が排出されることで体臭の抑制にも効果があるのです。

青汁を上手に活用して、日々の健康づくりに役立てられるといいですね。

青汁の副作用について

青汁の原材料を見ると、明日葉やクマザサなどの栄養価の高い植物が主原料となっています。
天然由来成分で、しかも健康のための飲むわけだから、青汁には副作用がない。
そんなふうに思っている人もいるかもしれませんが、青汁ランキングで紹介されている青汁にも副作用があるため注意が必要です。

青汁の副作用について
青汁の副作用は、下痢や便秘になる事があります。
下痢と便秘は真逆の作用と思うかもしれません。
ですが、青汁を飲んで下痢になるのは、食物繊維が原因です。
食物繊維は腸内環境を整える効果がありますが、青汁で急に大量の食物繊維が腸に入ると腸が驚き活発になるために下痢を引き起こしてしまいます。

では青汁で食物繊維を摂取したのに、便秘になる人がいるのはなぜでしょうか?
これも原理は下痢と同じで、急に大量の食物繊維が腸に入ると、腸が驚き過剰摂取と判断します。
そのため一時腸内に食物繊維が停滞してしまい、便秘を引き起こしてしまうという訳です。

下痢と便秘以外にも青汁には副作用があります。
それは、青汁には抗炎症作用と食物繊維が多く含まれるため、食欲不振に陥るケースがあります。
そして、青汁でアレルギー症状を引き起こすケースもあるので、初めて飲む場合には自分が青汁で副作用が起こる体質なのか様子を見ながら飲むようにして下さい。

青汁の副作用が出る理由
青汁の副作用について先ほど紹介しましたが、青汁で副作用が出るのは、体質に合わない人が飲んだ場合以外にも理由があります。
それは正しい飲み方をしていない場合、そして過剰摂取している場合です。

青汁=健康にいいため、たくさん摂取すればより健康になる事が出来るという訳ではありません。
むしろ過剰摂取すれば、健康を損ねてしまうため、必ず容量を守り、正しい飲み方で飲むようにして下さい。

最近飲みやすくなっている青汁、青汁の効果を考えてみましょう

青汁は健康に良いという事は知っていますが、味がおいしくないという面もあり、敬遠してしまいがちです。しかし最近は味をアレンジしておいしく飲めるように工夫したものも発売されています。青汁の効果をあらためて検証してみましょう。

<青汁効果1 栄養のバランスをとる>

青汁はケール、大麦若葉、明日葉等の野菜からできています。ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富です。健康維持に大切な栄養素に、タンパク質、炭水化物、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維がありますが、現代人の食事では、タンパク質、炭水化物、脂質を取りすぎて、ビタミン、ミネラル、食物繊維が不足する傾向にあります。必要な量の野菜を摂取していないからです。野菜が原料の青汁を摂取する事で、不足している栄養素を補います。

<青汁効果2 腸内環境を改善し、健康に役立つ>

青汁に含まれる食物繊維は、腸内環境の改善に役立ちます。食物繊維は乳酸菌やビフィズス菌等の善玉菌の栄養分となる事で、善玉菌を増やします。また食物繊維は便通を促し、老廃物を排出する事で、腸内環境を好ましい状態に保つのです。腸内環境を改善すれば、成人病予防、アレルギー体質改善、免疫力向上に効果があるといわれています。

他に食物繊維には、コレステロールを吸着して、便として排出する効果があり、コレステロール低下に役立ちます。また糖の吸収を緩やかにして、血糖値の上昇を抑える働きもあるのです。

さらに、青汁に豊富に含まれるカリウムは、血圧を正常に保つのに必要な物質で、血圧のコントロールに役立ちます。

青汁は健康に役立つ成分が豊富です。

<青汁効果3 アンチエイジング>

活性酸素がヒトの細胞を錆びさせ、老化を進める事が知られています。この活性酸素の働きを抑制するのが抗酸化物質です。青汁に含まれるビタミンA、ビタミンC、ビタミンEには、抗酸化作用があります。さらに抗酸化力の高い栄養素として注目されるSOD酵素も豊富に含みます。SOD酵素は本来ヒトの体に存在しますが、加齢とともに減少してしまうのです。青汁を摂取する事で、老化防止に役立ちます。

このように、青汁を飲んで得られる効果は高いのです。

青汁に含まれる栄養素について

美肌やアンチエイジング、ダイエットにも効果があるといわれる青汁ですが、栄養素はどんなものが含まれどのような効果があるのでしょうか。

以下にそのご紹介をしたいと思います。

まずどの青汁にも含まれる栄養素の食物繊維についてです。

食物繊維は人の消化酵素では消化がされにくく、その消化が遅いので食後の血糖値の急激な上昇を抑えてくれます。

また水分を含むとゲル化し、余分な脂肪を体外に排出する効果があります。

そして善玉菌を増やし、腸内フローラを改善することが期待できます。

次にメラトニンです。

メラトニンとは眠りを誘う睡眠ホルモンの一種で、これが分泌されると副交感神経が優位となり体がリラックス状態になり眠りにつくことができます。

このメラトニンの分泌量が減ってしまうと不眠症などの睡眠障害を起こしてしまう可能性があり、特に生活リズムが乱れがちな現代人は不足しがちなので補う必要があります。

青汁にはクロロフィルという栄養素も含まれています。

このクロロフィルは動物のヘモグロビンと似た構造を持っているため造血作用に効果があり、緑の血液と言われているほどです。

その効能により貧血改善やコレストロール値を正常値にしたり、整腸作用によるデトックス効果も期待できます。

また強い抗酸化作用を持つので免疫力を高め、抵抗力がつくので感染力の強いインフルエンザの予防にも効果があると言われています。

次に明日葉を原料とした青汁にはカルコンという栄養素が含まれています。

このカルコンとはポリフェノールの一種で、脂肪細胞や血液、リンパの流れに働きかけるので、ダイエットやむくみの解消につながります。

上記のことから、どの栄養素も腸内環境や生活リズムを整えてくれることが分かると思います。

青汁を普段の健康づくりに上手に取り入れられるといいですね。